コーディング代行は不安?スキルレベルを簡単に見極めるコツ

A氏
依頼したのに、成果物が上がってこなかった。お金だけ請求された・・・。外注怖い・・・。

ランサーズやクラウドワークスに仕事を依頼したことがある人なら経験あると思いますが、依頼したのに満足いくものが上がってこなかった。
途中で出来ないと言われて、お金だけ支払った。

しかし、安かろう悪かろうなんですよね。まぁ当然といえば当然です。
実績欲しさのただ同然の人に依頼すればそりゃそうなります。

とはいえ、私自身も過去に何度かフリーランスに依頼したことがあります。
結果はひどいもんだったので、最終的に自分で作ったなんてことが何度かありました。
その経験を踏まえいくつかのポイントを教えます。

  • 報酬金額をケチるな
  • ポートフォリオを確認する
  • 見積もりをおねがいする

失敗したくなければ適正価格で、作業してくれる人を選ぶことが大事です。

LP(ランディングページ)であれば、3~5万。
HTMLのホームページであれば、5万~10万。
Wordpressを使ったオリジナルのホームページであれば、10万~30万。
ECサイト。20万~50万。

これくらいがコーディングの相場かとおもいます。ピンきりですけども。
HTMLだけであれば比較的低価格で依頼が可能ですが、Wordpressは場合によってはそれなりにかかりますね。

既存のテンプレートをカスタマイズして欲しいというのであれば、HTMLと同じような価格で依頼可能かと思います。
あんまり高くてもあれかなーと個人的には思うので、私の場合はあまり高い値段で提案された時は、価格を下げる場合があります。

ポートフォリオ、制作実績を確認する

我々デザイン業界でポートフォリオといえば持っていて当然。
ポートフォリオは、一般企業でいうところの履歴書。

デザイン業界に就職する時はほぼ100%ポートフォリオの提出を求められます。
もしくは、今までの制作実績ですね。

コーダー(ホームページ作る人)の場合は、ポートフォリオがない場合があります。
というのもほとんどが、下請け業務なので契約上、表立って公開することが出来ないのです。

こっっっっっっそり教えることはありますけど、教えたいけど難しいのです。

見積もりを依頼する

見積もりを依頼するのはなかなかいい手です。

  • その人の金銭感覚がわかる
  • 実力がわかる。

見積もりで、金額、納品日がだせない人は普通いないんですが、適正な金額がだせない業者との契約はできるだけさけるべきでしょう。
出来るだけというのは、本当に実力のある人はそれなりの金額がします。
その代わりに高度な技術で安心できます。

見積もり方法ですが、まず参考サイトを渡し、そのサイトがだいたい何日で製作でき、見積もりはいくらくらいか。
参考サイトはこれから作るサイトに近いものが良いかと思います。
それで満足できる金額と日数なら大丈夫かな?という感じです。

HTMLサイトで5~10ページ程度ならだいたい3日もあれば完成します。
私の場合は、1日~2日でほぼ完成するでしょう。それ以上なら少し遅いといえます。

例えば、こちらのサイトや、こちらのサイト

私が作ったわけじゃないですが、これが仮に5ページだとしてコーディングだと1日で出来ます。
お客さんにお知らせする場合は、チェックや修正もあるので、トータル3日ほどと答えます。
5日だとちょっと遅いかなって感じがしますね。

WordPressだと、テンプレート次第では1週間か2週間を目安にしてもらうと良いかと思います。

ページ単価でいえば、1ページ5000円~3万円の間でしょう。
ランディングページのような長いページは3万~5万くらいかかります。
その他にも、レスポンシブやアニメーションを付加すると値段は少しあがるでしょう。

最近は、レスポンシブ対応も標準な感じはしてきましたね。

まとめ

WinWinな関係が一番です。
みんな気持ちよく仕事がしたいのです。

経費削減のため依頼したのに逆に高くなってしまったではいけないし、安すぎてちゃんとしたものが上がってこなかったでは意味がない。

外注をうまく使って、自社の売上をアップしましょう!
ちなみに私は適正料金でのみ仕事をする。ってわけではなく場合にとっては激安でも仕方なくうけます。

まぁでも、結局のところ一緒に仕事していてなんかいいかなーってのが一番だと思います。
ちょっとした修正で、いちいちお金請求されるような関係って正直いやですよね。

金だけの関係でなく、パートナー、チームの一員として外注先(フリーランス)を選ぶのが一番です。